漫画

東リベ漫画の最終回ネタバレ結末を徹底予想!

東リベ 漫画 最終回 結末 ネタバレ 徹底予想
Pocket

こんにちは、いちです^^

今回は、東リベ漫画の最終回ネタバレ結末を徹底予想!ということでお話ししていきます!

漫画が原作の『東リベ』こと『東京卍リベンジャーズ』。

現在アニメも始まり、2021年7月9日には実写映画化も決定しました!

そんな東リベが週刊少年マガジンではいよいよ最終章に突入しました。

長く続いた面白い漫画が最終回に近づくのは寂しさもありますが、早く結末がしりたいところでもありますよね?

今回は、そんな最終回の結末のネタバレについて徹底予想していきましょう!

※ネタバレ含みます

 

東リベ(東京卍リベンジャーズ)漫画の最終回突入前のあらすじは?


まず本題の最終回結末ネタバレ予想に入る前に、最終章に突入していく22巻のあらすじから見ていきましょう!

22巻は東京卍會の総長であるマイキーが東卍の解散をメンバー全員に宣言するところから始まります。

副総長であるドラケンやタケミチなど、東卍の幹部メンバーたち一人一人を自分の前に呼んで声をかけていきます。

全メンバーはもちろん困惑するものが多数いる中、ドラケンが「総長の決断に異論はねぇ!」と叫びます。

その後、マイキーに「今日までお疲れ様でした、総長」と頭を下げます。

そして総会終了後、タケミチは相棒である千冬に今後この時代に戻ることはないだろうと、現代に帰ることを伝えます。

すると八戒が「解散記念にタイムカプセルを埋めよう」と主要メンバーに提案します。

その提案を聞いたマイキーが「未来の自分に手紙を書こう」とさらに提案し、12年後にみんなでこの場所に集まってタイムカプセルを開けることを提案します。

この時2006年3月15日の武蔵神社です。

その後、タケミチは直人と一番最初に出会った公園に直人を呼び、握手をして現代に戻りました。

現代に戻ると、そこは結婚式場でタケミチはタキシードを着ていました。

タケミチはヒナに12年後に結婚しようというプロポーズをしていたので、てっきり自分たちの結婚式だと勘違いしましたが、パーちんの結婚式であることが分かります。

会場に行くと、ドラケンや千冬などみんないて、みんなを助けるという目的を達成したということを実感し、泣きながら喜びます。

現代に戻ってこれたということは、もちろん直人も鶴蝶に打たれて命を落とすという未来はなくなり、直人も生きていました。

そして、直人から「ミッションコンプリート」と告げられます。

しかし、そこにはなぜかマイキーの姿だけありません。

ドラケンと千冬にマイキーの居場所を聞くと、「マイキーは海外で飲食店を経営していて、急に仕事が入ったので、今日は急遽欠席になった」と教えられました。

その時、タケミチは純粋に二人の言葉を信じます。

また、自分自身もヒナとの結婚式を3ヶ月後に控えていることを知り、準備に取り掛かります。

その後、タケミチはテレビのニュースである人物に注目します。

それが、黒川イザナのしていたピアスの花札の様な柄と同じ柄のタトゥーを後ろ首に入れている男が、新たな組織・梵天のメンバーにいることが分かりました。

さらにその後、河田兄弟(スマイリー・アングリー)からマイキーとは誰も10年以上あっていない、という話を聞きます。

不安に思ったタケミチはすぐにドラケンに真相を確かめにいきます。

そして、マイキーにはもう関わらない方が良いと告げられます。

また、梵天のタトゥーの男が気になったタケミチが直人に調査を依頼したところ、その男がマイキーであることが分かります。

過去のマイキーの面影はなく、彼は変わってしまったとみんな口々にいい、それでもタケミチは信じきれず、過去のマイキーに会いにいこうとします。

そして、直人と握手をしますが、なぜか過去に戻ることができません。

その理由として、直人自身が姉を助けるという「ミッションをコンプリートした」ということで、もうトリガーは発動しなくなったのではないかということが言えます。

そこで、現代のマイキーに会いに行くしかないとタケミチは考えます。

しかし、直人も「あなたは12年という歳月を舐めている」「現代の佐野万次郎はタケミチの知っている人間ではない」と会いに行くことを止められます。

そんな諦めきれないタケミチの前に一虎が現れ、協力すると言われます。

ここで22巻が終わります。

ここからは本題でもある、最終回の結末やネタバレについて徹底予想していきます!

 

東リベ(東京卍リベンジャーズ)漫画の最終回ネタバレ結末を徹底予想!


続いて本題の、東リベ(東京卍リベンジャーズ)漫画の最終回ネタバレ結末について徹底予想ということでお送りしていきます!

まず、そもそも私自身正直22巻で終わるのではないかなと予想していました。

しかし、まだまだ続きそうな予感…ということで、最終回どのように迎えるのか結末を予想していきます!

 

東リベ(東京卍リベンジャーズ)漫画の最終回いつ?

まず、東リベ(東京卍リベンジャーズ)漫画の最終回がいつなのかということについて予想していきます。

週刊少年マガジンでみたところ、現在次の最新刊23巻分の話が出ていますが、「いよいよ最終章に突入!」と大きく記載されているシーンがありました。

ということで、次のストーリーで本当に終わるということが分かりますが、そのことを考えるとおそらく2021年中には最終回を迎えるのではないかなという予想ができます。

なので、単行本にすると約30巻くらいで終わるのではないかなという私なりの予想です。

 

東リベ(東京卍リベンジャーズ)漫画の結末ネタバレはハッピーエンド?

1巻からのタイムリープの目的でもあった「現代のヒナの命を救う」ということは達成されました。

ヒナが命を落とし続けてきた1番の原因である、キサキが過去で亡くなったことにより、おそらくもうヒナが命を落とすことはないと考えられます。

そして次の目的でもあるマイキーを助けるということですが、現在週刊少年マガジンでは現代でマイキーとの接触に成功したタケミチがあることをきっかけにマイキーと握手します。

すると、なんと10年前に戻ることができたのです。

そこの過去を変え、マイキーをうまくタケミチが更生させ、最後現代に戻ってきた時にマイキーもみんなもいる状態でタケミチとヒナの結婚式を迎え、最終回というのが理想かなと思いました!

 

東リベ(東京卍リベンジャーズ)漫画の結末ネタバレはバッドエンド?

逆に、バッドエンドだとどの様な結末予想になるのか考えてみました!

そもそも、キサキがいることによってマイキーがうまく利用され、闇に落ちて行ったと思われていました。

しかし、キサキが過去で命を落としたことで改善されたかと思いきや、マイキーだけは結局殺しをする様な犯罪組織のボスになっています。

これをマイキー自身、自分が自分じゃなくなる時があるというふうに自覚しており、どうすることもできないと自らみんなから離れていく決断をしたことをあるビデオレターでタケミチは知ります。

なので、過去へ行っても結局マイキーの中にいる闇(仮で闇マイキーとします)にはタケミチもどうすることもできず、結局同じ道をたどってしまうのではないかという未来です。

また、現代の方で、闇マイキーはタケミチを躊躇することなく拳銃で撃ち、その後自害しようとしているシーンがあります。

このことから、過去のマイキーを助けても、結局闇マイキーが現れ、自害してしまうという結末もあるのかなと思いました。

しかし、マイキーと握手して過去に戻ることができたということで、これでマイキー助けられなかったら私的に不服だなと思うので、ぜひハッピーエンドで終わらせてください笑

 

東リベ(東京卍リベンジャーズ)漫画の最終回の結末に対するツイッターの反応は?

続いて、東リベ(東京卍リベンジャーズ)漫画の最終回の結末に対して、世間の反応を少しみてみましょう!

 

まとめ


今回は、東リベ漫画の最終回ネタバレ結末を徹底予想!ということでお話ししていきました!

いかがだったでしょうか?

漫画の東リベは単行本でも週刊少年マガジンでもどちらも熱い展開になってきていて、最終回の結末が早く気になる人が多いですね!

私もめちゃくちゃ気になってネタバレとかみたい気持ちに駆られる時があります笑

今回は、その最終回の結末について徹底予想ということでお送りしていきましたが、今後最新情報が出たら更新していきますので、お楽しみに^^