エンタメ

ザファーストオーディション四次審査の結果は?順位も予想!

ザファースト 四次審査 オーディション 結果 順位 予想
Pocket

こんにちは、いちです^^

今回は、ザファーストオーディション四次審査の結果は?順位も予想!ということでお話ししていきます!

2021年4月から朝のニュース番組『スッキリ』で始まったAAA日高ことSKY-HIが主催の「THE FIRST」。

現在四次審査のオーディションということで、とても白熱していますね!

次に勝ち進められるのは上位10名ということで、この四次審査では5名がいなくなってしまうということになります。

そんな四次審査の結果はどうなるのか順位を予想していきましょう!

 

ザファーストオーディション四次審査結果は?

まず、四次審査は1回目・2回目・3回目があります。

その全てで合格者が10名に絞られます。

1回目の内容と結果から見ていきましょう。

 

ザファーストオーディション四次審査1回目の結果は?

四次審査1回目は15名がA・B・Cグループに5名ずつに分かれて、楽曲制作からダンスの振り付けまで全て自分たちで行うというものでした。

その1回目の時点でA・B・Cグループから1名ずつ計3名の敗退が決定しました。

その3名というのが、Aグループ:男澤直樹さん、Bグループ:織戸俊輔さん、Cグループ:溝口太基さんです。

3名ともそれぞれ作詞作曲経験があったり、自作ラップソングを作成したりと、全くの未経験者ではないにもかかわらず、厳正な評価で惜しくも脱落してしまいました。

それぞれ敗退してしまった理由はこちらです。

 

ザファーストオーディション四次審査1回目のナオキさんの敗退理由は?

ナオキさんのクリエイトした部分が今回の楽曲制作においてうまく示ていなかったとのこと。

ステージ上でもっと俺のことを見てほしいという気持ちをさらに押し出せていれば、結果は大きく違ったものになったとSKY-HIさんは評価していました。

 

ザファーストオーディション四次審査1回目のシュンスケさんの敗退理由は?

理由はナオキさんと似ていて、メロディ・振り付け・クリエイティブで存在感を示ていなかったとのこと。

歌もラップもできて上手いけど、作詞作曲経験があるだけにさらに存在感を示せていたらもっとよかったのでは?とSKY-HIさんは評価していました。

 

ザファーストオーディション四次審査1回目のタイキさんの敗退理由は?

焦りから周りが見えていなかったとのこと。

ラップやアーティストを日常生活でたくさん膨らませて感情の振れ幅を実生活で増やしてほしいとSKY-HIさんがアドバイスされていました。

 

ザファーストオーディション四次審査2回目の結果は?

四次審査2回目は12名がプロ達があらかじめ製作した楽曲・振り付けでの審査です。

その楽曲名をグループ名とし、「Be free」グループと「Move on」グループに6名ずつに分かれて、1週間で覚えて披露するというものです。

ダンス未経験者もいる中、かなり過酷なレッスンでとてもみなさん頑張っていました!

いかにパフォーマンスで「不安」や「迷い」を出さないか、「自分らしさ」を出せるかがポイントでしたね。

そんな四次審査2回目で脱落してしまうのはたった1名でした。

そして惜しくも敗退してしまったのは大山天さんでした。

テンさんが敗退してしまった理由はこちらです。

 

ザファーストオーディション四次審査2回目のテンさんの敗退理由は?

4次審査第2ステージでは『Be Free』チーム、『Move On』チームに分かれて、練習期間1週間という短さで本番だけで審査するというかなりハードな内容でした。

そんな中で、いかに自分らしさが発揮できるかが今回の審査のポイントでしたが、残念ながらテンさんが脱落してしまいました。

テンさんは本番の『Move On』審査終了後も一人浮かない顔をしていたのが印象的でした。

その時自分自身もできていない部分の悔しさがあったのかなというのが伝わってきましたね。

第1ステージの順位発表の時にもSKY-HIさんには「自分らしさを出していかないと厳しい」というアドバイスをもらっていたのも印象的ですね。

また、今回の審査ではクオリティが劣っていたというわけではないけど伸び悩んでいたということを言っていました。

テンさんの頑張りはアーティストというよりアスリートのようなストイックさとなっていて、逆にもう少し自分を甘やかせられていたらよかったともおっしゃっていましたね。

最後テンさん自身も、「SKY-HIさんに憧れてこの世界に入って、自分を追い込んで、自分自身が嫌いになりそうになった」とも…。

それだけSKY-HIさんを尊敬していたということもしみじみ伝わってきました。

しかし、最後のインタビューでは前向きな気持ちになり、このザファーストでは大切な「仲間」を手に入れることができたともおっしゃっていました。

今後音楽を続けて行って、さらに飛躍してほしいですね!

 

ザファーストオーディション四次審査3回目の結果は?

今回のザファーストのテーマ曲でもあるSKY-HIさん自身が歌う「To The First」を課題曲としてチーム戦を行うという課題でした。

しかもチーム戦といえど、11人で分かれてというのではなく、SKY-HIさんと戦うというものです。

そんな四次審査3回目で脱落してしまうのは2回目同様たった1名でした。

そして惜しくも敗退してしまったのは川島塁さんでした。

ルイさんが敗退してしまった理由はこちらです。

 

ザファースト四次審査オーディション3回目の敗退理由は?

SKY-HIさんがルイさんの課題として上げていたのが、ダンス・歌ともに技術が追いついていないということでした。

ダンスと歌を同時に披露することにより、どちらかが疎かになってしまっていました。

振り付けが甘くなって手がばらけてしまったり、最年少ということもあり、他のメンバーとの体力の差が浮き彫りになってしまっているという指摘も…。

ルイさん自身も四次審査の自己評価では「みんな体力がバケモノ」というふうに語っていましたね。

その点が最終的に改善されていなかったことから、今回は脱落してしまったということでした。

しかし、脱落発表後まさかのSKY-HIさんが代表取締役を務めるBMSGからSKY-HIさん直筆でスカウトしたんです!!

これには他メンバーも羨ましがっている様子が見て取れましたね!

今回のプロデュース企画でのメンバー入りはできなかったものの、このような形でSKY-HIさんの事務所でアーティスト活動ができるルイさんは本当に幸せ者だなと思いました!

 

ザファーストオーディション四次審査順位は?

ザファースト四次審査の順位を1回目・2回目・3回目別に見ていきましょう!

 

ザファーストオーディション四次審査1回目の評価は?

四次審査1回目の順位をつける上でSKY-HIさんが重要視していたポイントは3つありました。

その3つのポイントがこちら!

  • 自分と仲間をリスペクトすること
  • 自分も仲間も100%でクリエイションすること
  • チームのパフォーマンス向上を考え続けること

この3つを評価基準として順位をつけた結果がこちら!

  1. ソウタ
  2. ショウタ
  3. レオ
  4. シュント
  5. マナト
  6. テン
  7. リュウヘイ
  8. ルイ
  9. ジュノン
  10. レイ
  11. ラン
  12. リョウキ

でした!

一人一人できることできないこと、得意なこと苦手なことを持っていますが、それをチームで支え合って補っていく姿勢が大切だったんですね。

全くの未経験者の方も順位に入っていて、いかにチームに貢献しようとする姿勢が向けられるかがポイントでした。

先ほどご紹介した3名の脱落者も決して劣っていたというわけではなく、全員がハイレベルで誰が脱落してもおかしくない状況だったと言えますね。

 

ザファーストオーディション四次審査2回目の評価は?

四次審査2回目の順位をつける上でSKY-HIさんは本番のパフォーマンスで全てを見るということを言っていました。

いくら練習での評価が高くても、パフォーマンスで魅せることができなければ落ちてしまうという過酷な審査でした。

また、本番で「不安」「迷い」など出てしまう人が脱落してしまうということもSKY-HIさんはおっしゃっていました。

これを評価基準として順位をつけた結果がこちら!

  1. ソウタ
  2. リュウヘイ
  3. マナト
  4. レオ
  5. ルイ
  6. リョウキ
  7. ジュノン
  8. シュント
  9. ショウタ
  10. ラン
  11. レイコ

でした!

 

ザファーストオーディション四次審査3回目の評価は?

四次審査3回目の順位をつける上でSKY-HIさんは2回目と同様、本番のパフォーマンスで全てを見るということを言っていました。

これを評価基準として順位をつけた結果がこちら!

  1. リュウヘイ
  2. シュント
  3. ソウタ
  4. ショウタ
  5. リョウキ
  6. ラン
  7. レオ
  8. マナト
  9. レイコ
  10. ジュノン

でした!

 

ザファーストオーディション四次審査についてツイッターの反応は?

 

まとめ


今回は、ザファーストオーディション四次審査の結果は?順位も予想!ということでお話ししていきました!

いかがだったでしょうか?

ザファースト四次審査かなり白熱していて見ているこちらもハラハラドキドキですよね!

オーディションが終わるごとに人数も徐々に減って、こちらもうるっときてしまう部分もありますね…。

このオーディションの時点でファンがついてる方もいるようなので、敗退しても違うところで活躍して頑張ってほしいですね!

今後の順位や最後メンバーになる5名が誰なのか、結果が早くも気になりますが、終わってほしくないなあという気持ちもあります…笑

今後の放送も要チェックですね^^